難波・心斎橋での医療脱毛では絶対的おすすめがある!損しない永久脱毛

大阪でも特に医療脱毛の環境(クリニック)が抜群に良いのが難波とか心斎橋エリアになると思います。 梅田も含め、その界隈で私的ベストクリニックを挙げながら脱毛について語っております。お手柔らかにどうぞ!

大阪の中心地は選び放題!だからこそしっかりした基準で医療脱毛へ

既にご存知かと思いますが、大阪での医療脱毛であれば、
難波、心斎橋と言った大阪での中心地にクリニックが集まっていますし、その界隈でやるのがベストです。
必然的に良いクリニックが集まりやすいですからね!

ただしその分、別にいいとも思わないような見かけ倒しの美容クリニックも多くなりますので、
しっかりした基準で厳しく分別しないといけなくなります。

この辺については脱毛にある程度詳しい私が行っておくと
・リーズナブル
・クリニック環境の良さ
・(プラス、サポート体制)
という項目で絞り込めば間違いないと思います。

かなり美味しい条件ではあるんですが、難波・心斎橋、あとはこれに梅田まで含めると合致するクリニックはちゃんと出てきますし、損しないしっかり内容の伴った永久脱毛ができるんです。

あとから「やっぱりあっちが良かったかも~」っていう後悔はなりにくはずですので、
条件で絞り込み、私の厳しい目でチェックを入れた厳選医院をちょっと出しておきたいと思います。

リゼクリニック

梅田院のみあるこのクリニックですが、全てのバランスが取れた完璧に近い医療脱毛です。
まず安さの面では各パーツ、というよりセットプランがお得であり言うことがありません。

クリニック環境は普通よりやや上くらいなんですが、
何と言ってもサポート体制が半端ではなく、肌トラブル時の無償レーザー照射最大1年は大阪広しと言えどもここくらいしか聞きませんね。
具体的には医療脱毛で極々稀にある増毛化、硬毛化なんですが、自腹を切る必要なくクリニックで負担しようというその精神、本当に素晴らしいです。

⇒リゼクリニック大阪梅田院

フェミークリニック

フェミーは心斎橋にある有名クリニックの1つですが、
ここはとにかく通う女性の満足度が段違いに高いのが特徴です。

料金は激安ではありませんが普通レベルです。
ですが、クリニック環境に合わせて考えたら安く感じることでしょう。

設備で凄いのが脱毛マシンが5台もあり、肌質や季節などに応じて使い分けがされており、
本当の意味でのオーダーメイド脱毛が実現されている点ですよね。
さすにが5台もの脱毛器があるクリニックってのは他にはないはず。

あとは接客に力をいれており、そのためのが外部研修もガチでやっています。
クリニックらしからぬいい意味での対応ですので、終始気持ちよく通い続けられるはずです。

⇒医療レーザー脱毛なら心斎橋・難波(大阪)心斎橋フェミークリニック

湘南美容外科クリニック

サロンもそうですが、やっぱりブランド力や知名度は大事。
湘南美容外科は大阪の永久脱毛でもおそらく一番有名と言ってもいいと思います。
他のクリニックは知らなくてもここなら知っている、聞いたことがある!という女性はかなり多いのでは!?

また単に有名というだけではなくてワキが3000円強で脱毛し放題になったり、
痛みの少ないメディオスターNeXT PROを積極的に入れたりと医療脱毛にも精力的。
有名で安い、最新機器も!となると死角なし!と言いたいところですが、
部分脱毛ではけっこう高い部位もあり、単純に料金だけで見ると3番手くらいになります。

でも前述しましたがメディオスターNeXTでの気軽な永久脱毛狙い!
ということであればここはかなり良いですね。

※ここの院長さんが自らメディオスターNeXTで脱毛している動画

残念なんですが、湘南美容外科でのメディオスターNeXTの使用は男性用脱毛に限られています。
女性用の医療脱毛としてこの機器に興味がある場合はリゼを優先的に考えたほうが良い、という状況です。

毛の問題=クリニックでの永久脱毛以外はない!と思う

私はムダ毛処理をするようになったのは中学生の時からです。
部活のユニフォームでタンクトップや半袖になる機会が大きかったので意識するようになりました。

以前私がしていた処理方法は剃刀と毛抜きです。腕や足は剃刀、ワキは剃刀と毛抜きで処理をしていました。
中学生のころからずっとその処理をしてきたせいで肌が大変なことになりました。

足、手は剃刀で処理をするのですが特にクリームなどを使っていなかったので肌は乾燥し、毛が少しでも生えてくるとかゆみがすごいです。剃刀を使ったすぐにはきれいな肌なのですが、剛毛な私は翌日には生えてきます。なので毎日の処理が必要でした。

またワキの処理は毛抜きで抜いていたこともあり、ポツポツしており埋没毛が多いです。
その埋没毛をまた毛抜きでいじって抜いてしまって、また埋没毛になるという繰り返しでした。
とても人に見せられるものではなくタンクトップなどにはなれなかったです。

家での脱毛器具を使っての処理も考えましたがめんどくさがりの私は確実に続かないだろうと思い辞めました。

そして目についたのがクリニックでの永久脱毛での処理です。クリニックに行ってからは月1回行くだけで半年後には毛が薄くなってきて自宅で処理することがほとんどなくなりました。また埋没毛や脇のポツポツもきれいになり、早くから医療脱毛すればよかったなと後悔しています。今では料金も安くなってきているので、自己処理せずにプロに任せることをお勧めします。

医療脱毛の痛みの問題に切り込む!

医療脱毛は効果は抜群だけど痛いってのが避けられないところ。
これがどうしても恐怖感になるんですよね・・・。

でもこれだけ永久脱毛をしている女性が多い中で、少なくとも耐えられないというのは考えにくいですし、
ぶっちゃけ、多くの女性が痛いにしてもこれからキレイになれるなら、と思って最後まで施術を受けるケースが多いです。

これに関しては本当に個人が強く出る部分なので他人の意見は参考程度にし、あとは実際に行って体験してみる!ってことに尽きると思いますね!

==医療脱毛の痛みを教えて!経験者は語る!==
医療脱毛は施術の度に痛みが減っていくので最初が肝心(あーじゅ)
脇脱毛なら痛くなかったしかなりおすすめ(けみー)

遺伝とはいえ悲し過ぎる剛毛

子供の頃から体毛が多い上に非常に濃かったので、まるで男のようで恥ずかしかったです。小学3年生の頃にはすでにかなり生えていて、まさに「ふさふさ」と表現するのが正しい状態でした。同級生からも毛がすごいね!と言われるし、男子の目は気になるし、処理したくて仕方がありませんでした。

体毛が濃いことが一番目立つ時。それは体育の授業でした。私の通う大阪府立の某学校は年間を通して半袖体操服と女子はブルマー着用だったため、常に手足がむき出しで体毛が濃い子はとても目立つのでした。特に、並んで体育座りをしていると、先生の話に飽きた同級生が私のすね毛をジロジロみている状態でまさに生き地獄でした。腕の毛も多く、それなりに濃かったのですが、もともと肌の色が濃かったのでこちらはあまり目立ちませんでした。それよりも普段日焼けしない足の方が毛が目立つし、なぜか膝の毛は一段と濃かったため非常に恥ずかしかったです。体毛のことで悪口を言われることはほとんどありませんでしたが、やはり自分の中ではコンプレックスで、色白で体毛の薄い子が羨ましかったです。

大人になったら絶対に全身脱毛してやる!この時から誓っていましたね。我が家は家族全員体毛が濃いので、家では誰も気にしないのがせめてもの救い。思えば、私の父がゴリラの様に濃い体毛の持ち主だったため、その遺伝がずっと継承されているのかもしれません。今でこそ医療脱毛でかなりツルツル状態ですが、子供の頃は恥ずかしくてつらかったので、せめて体操服は足の隠せるジャージが良かったなあ…と思っています。

時代は蓄熱式の痛くない脱毛へ!!そして地方でも環境はバッチリ

ここ1年くらいで痛感しているのが、痛い脱毛っていうのはもう流行らなくなってきているな、ってこと。
え?医療脱毛って痛くて当然でしょ?と思うかもしれませんが、
最近はいくつかのクリニックでバチバチレーザーを当てるタイプではなく、
蓄熱式と呼ばれるジワジワ熱いだけの脱毛機が導入され始めています。

当サイトでおすすめにしているリゼクリニックも蓄熱式のメディオスターNeXTがありますし、
他にマシンの名前を挙げるならソプラノアイスとかハヤブサとかですね。
これらも脱毛ロジックは同じなので痛みはかなり軽減されています。

で、こういう最新機器は大阪や東京にしかない、とも思われがちですが、
けっこう地方都市でも使われ始めているんですよね。
私の地元である福岡でも調べたらこれに該当するクリニックがいくつかありましたし、
今は人気の脱毛クリニックは全国の主要都市で展開していることが多いので地方もちゃんと永久脱毛できます。
永久脱毛 福岡でもやっぱりリゼクリニックがちゃんとありますしね!
ソプラノアイスがあるクリニックもちゃんと発見済みです。

ただ地方行っても政令指定都市とか県境がある市レベルでないと厳しいですね・・・
これはこの先もずっと変わらない現実化と思います。

脱毛後は特に保湿が大事!

特に医療脱毛ではそうだと思うんですが、やっぱり保湿がものすごく大事です。
これはどのクリニックに行っても必ず言われることでしょうし、
クリニック独自のコスメとかおすすめされる場合もあります。

ですがみなさん(私もそうですが)、あまり高い化粧品を購入することができませんよね?
化粧水、乳液、美容液、化粧下地が一つになったちふれのオールインワンに加え、それだけでは乾燥してしまうので、
ちふれの化粧水、無印良品の乳液、そして、唯一クリニークのCCクリームを塗り、ちふれのファンデーションを塗っています。

それでも十分保湿はできますし、翌朝の肌の状態もぷるぷる、もちもちでよい状態だと思っています。
ただ、必ずどの化粧品を使うにしても、一度肌に浸透させてから次の化粧品を使うようにしています。
そうしないと一つ一つの化粧品の効果が薄れるとテレビや雑誌などで見たことがあるためです。

この中で唯一保湿力抜群なクリニークのCCクリームですが、
40グラム入っていて、SPFも含まれていて、保湿力がお見事な商品です。

また、他のメーカーに比べて10グラム多く入っていることで、通常使用で9か月ほどもちます。
価格が税込み5184円ですが、それでも9か月もつのでコストパフォーマンスは安いと思います。
肌の伸びはもちろんよくて、夕方化粧のりの崩れを感じません。

雑誌やテレビで取り上げられているのはBBクリームですが、CCクリームのほうが保湿力にすぐれています。
ぜひお試しになってみてください。

※ちなみにですが、リゼクリニックでの脱毛モニターの方も、
脱毛後の保湿はめっちゃ大事!!!とレポートしてくれていますのでこちらもぜひ読んでみてください!
⇒照射した後は少し乾燥しやすくなるので保湿クリームを欠かさず塗るようにしています。

公開日:
最終更新日:2017/03/15